カテゴリ:総合
キャラクター:セルゲイ ドラグノフ
ドラグノフ個人用メモ vs ニーガン
投稿者:キックミーN森(id:kickmeNmori)
閲覧数:472 view
最終更新日:2020年5月26日14:30
: 1
: 0
ログイン するとお気に入りに追加できます。
確定反撃

通常状態からの技

上中段技

ニーガンの技 コマンド フレーム ドラグノフの反撃 備考
エクスキューショナーラッシュ2発目 RP,RP -14 RK,LP or 6RKRK
エクスキューショナーラッシュ3発目 RP,RP,RP -14 RK,LP or 6RKRK
エクスキューショナーラッシュ4発目 RP,RP,RP,RP -14 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP 強制しゃがみ
スイッチヒッター WP -14 RK,LP or 6RK,RK
フェイスグラインダー2発目 6RP,RP -12 RK,LP
ショックアンドオウ 6LK,RP -19 3RP
ウォーカーメーカー 6WP -15 3RP
テンダライザー 3LP,RP -11 LP,LK
ブラッドムーン 3RP -14 6RK,RK or RK,LP 最先端時は3RKしか入らないかも
スコッチメイデン 3LK,LP,RP -11 LP,LK
アイアンメイデン 3LK,LP,RK -14 6RK,RK
ノー・エクセプションズ 3WP -14 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP 強制しゃがみ
モロトフ・カクテル 4RP,LP -10 LP,LK
バックスイング~ブレインバッシュ 4RP,RP -11 LP,LK
フレームアウト 7RP -20 6WP
デススクリーム 66LK,RP -20 3RP
シークレットウェポン 236LP -19 3RP
クイックテンダライザー2発目 立ち途中LP,RP -11 LP,LK
マリスインパクト 立ち途中RP -16 3RP
ショックアンドオウ 立ち途中LK,RP -19 3RP
ノールックスイング 背向け中RP -10 LP,LK

下段技

ニーガンの技 コマンド フレーム ドラグノフの反撃 備考
シンスマッシャー3発目 RP,LP,RK -12 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP 捌き推奨
トリップワイヤー 6RP+LK -12 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP
レフトローキック 1LK -15 立ち途中RP
アゴニー 1RP -14 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP 遠目の際は立ち途中WPしか届かない
ボトムキック 1RK -13 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP
マーダースタンプ 4LK -12 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP
スニーキー しゃがみ中3RP -13 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP
エクスキューション 相手ダウン中に2WK -20 立ち途中RP

インティミデーション(以下ID)からの技

ニーガンの技 コマンド フレーム ドラグノフの反撃 備考
スローターストライク ID中にLP,RP -13 RK,LP
ブラストオフ ID中に3RP -20 3RP
テリブルペイン 2RP -13 立ち途中LP,LK or 立ち途中WP
割り込める連携技

サディスティックコンビネーション(LP,LP,RP)

上、上、中の連携技。2発目の上段は実は連続ガードではない。展開が速いため、対応は非常に難しいが、あまりにしつこい場合は的を絞って狙っていけば、リスクを負わせることはできる程度に覚えておきたい。毎回狙うと多分試合に負ける。

ワンツー派生(LP,RP,RK or LP,RP,RP)

3発目が上段と中段の連携。上段に関してはしゃがむか、右横移動で対処できるが、中段に関しては、14フレまでの技で暴れるか左横歩きで対応可能。ちゃんとついになっている。右横移動や、しゃがみで上段に対応する際は入れ込まず、ファジーしながら状況確認をすることで、RP派生の被弾を避けたい。シットジャブで暴れると、上段は勝手にしゃがみながらシットジャブを確定させて、中段に割り込むことができるが、ワンツーから構えられて、下段とられると大惨事になる。かなり無理ヤリな読みあいではあるので、1回シットジャブ(1LP)を見せておくのはありかもしれない。

シンスマッシャー(RP,LP,RK)

上、上、下の連携。3発目は下段しかない。ワンツーパンチ(LP,RP)やサディスティックコンビネーション(LP,LP)ときちんと判別できるようになれば、3発目の下段を捌きにいけるようになる。

サイドワイプスマッシュ(3LP,LP,RP)

中、上、中の連携技。2発目をしゃがむことができるが、中段派生もある。3発目をガードしてしまうと、遠くなってしまい、ドラグノフは反撃がない。3発目は左横移動でかわすことが出来るので、左横移動で歩いて背面を取ろう。背面を取ったら、サミング&クリップ(4RP,LP,LK)を背面から全段ヒットさせてセパレーターで追い打ちをすること。

フロントキック派生(3RK,RP or 3RK,LK)

中上、中中の2段技になっている。中上連携のほうはしゃがめば比較的簡単に浮かすことが出来る。中中、連携のほうはガードしても反撃がなく、一応左横歩きでかわせるが、かなりシビア(かわせばサイドロックアッパーを入れるのは簡単)。多用してくる相手にだけ狙っていくのがよさげ。

スコッチメイデン、アイアンメイデン派生(3LK,LP,RP or 3LK,LP,RK)

2発目が上段派生しかないため、しゃがんでプロトンアッパー(立ち途中RP)が入る。慣れれば派生を出してても出してなくても確定させることができるので、あまりだしてこない技ではあるが、毎回できるならば勝ちを拾えるシーンはありそう。

インティミデーションの対処

インティミデーション(構え)の特徴

インティミデーションの構えの特徴は以下の通り

  • レバーを4に入れることで、上中段ガードができる。
  • レバーを1に入れることで構え解除可能。構え解除中は上中段は当たるが、下段はガードできる。
  • レバーをニュートラル、もしくは6入れすることで、下段が来た際に自動で捌いて反撃する技がでる。
  • ニュートラルガードはできない。

インティミデーション(以下IDと表記)から出る技

スローターストライク(ID中にLP,RP)

発生14Fの中、中の2段技。初段ヒットで連続ヒット。ディレイが少しかかる。最大ディレイまでかけてもつながるため、相手が動いたのを確認して出し切ることができる。ヒット確認はできる人もいるかもしれないけど、かなり難しい。2発目をガードした際はヘドハン(RK,LP)で反撃が入る。

ビートダウン(ID中にRP)

発生20Fの中段技。ガードで+7、ヒット、カウンターでダウンして追い打ち確定。相手の右横移動に多少強くバットで殴ってるので返し技不可と非常に高性能。暴れられなければ攻めが継続できて、当たるとおいしいため、とりあえずこれって人も多い。

プッシュキック(ID中にLK)

中段。ヒットすると尻もち、ガードで反撃はなし(-7)。ビートダウンが強いせいで多分ほぼ使ってこない。

デモンズトゥーキック(ID中にRK)

発生25フレの中段技、ガードで-7、ヒットでダウン、カウンターでコンボ。カウンターでコンボにいくものの、発生が遅すぎるので、あまり使ってこないと思われる。

グランドスラム(ID中にWP)

上段、発生15F、ガード-9、ヒット、カウンターヒットでで直スクリューのコンボ始動。なんとパワークラッシュとホーミングがついている驚異の性能。上段であるということ以外はすべてが優秀。
これを食らってしまうと壁に運ばれて簡単に殺されてしまうので、もしこれを食らう選択肢を取る場合は、必ず大ダメージを取りに行きたい。

パニッシュメント(ID中にRP+LK)

一応ある中段ガード不能。見えたら暴れよう。

ブラストオフ(ID中に3RP)

発生19の中段コンボ始動技。ガードすれば-20なので、サイドロックアッパー(3RP)やスキャバード(6WP)で反撃できる。

テリブルペイン(ID中に2RP)

発生21Fの下段技。ダメージが20とそれなりに高く、ガードされても-13程度と浮かされることはなく両横に強い。シャガミステータスはついていないので、暴れには弱め。

クロウバー(ID中にLP+LK)

構えからの投げ。投げ抜けがなく、壁際で投げが当たると、32ダメージ+壁やられ強のため、非常に強力。しゃがんだ場合は確実にサイドロックアッパーで浮かしたい。これが原因で、ニーガンの壁際の攻めは非常に強くなっている。

インティミデーションに移行する技と状況

インティミデーションに移行したあとの状況は実はフレーム的には数種類しかありません。個別の状況ごとに対応を決めていけば、ニーガン側の一方的な攻めではなく、読みあいに持ち込むことが出来ます。

ジャブ~ヒルトショット~インティミデーション(LP,RPホールド)ガード・・・ニーガン側-8フレーム)

ニーガン側-8フレからのインティミデーションへの移行。フレーム的には一番弱いが、ワンツーからの派生もあるので、結構めんどくさい。一応移行を読めれば3LPを打っておけば、相手がグランドスラム(ID中WP)をしていても、しゃがみが間に合う。

ジャブ~ヒルトショット~インティミデーション(LP,RPホールド)・・・ニーガン側+3フレーム

ニーガン側が有利な状態からの移行。スローターストライク(ID中LP,RP)が発生14のためLP安定に見えるが、グランドスラムを出されるとパワークラッシュしてからガードが間に合わないフレームのため安定行動はない。派生もあり複雑な読みあいにはなるが、一応最速の10フレの上段暴れがグランドスラム以外すべてに勝てるのは覚えておこう。相手がグランドスラムを見せて、いろいろな攻めをしてくるならば、シットジャブが、自動下段捌き以外に有効だが、必ずしも構えに移行するシチュエーションではないため、結局立ちガードしておくのが無難。

フロントキック・テンプルスマッシュ(3RK,LP)ガード・・・ニーガン側+5 ★重要

※読むのがめんどくさい人は下のほうの表を参考にしてください。
ニーガン側が+5。スローターストライク(ID中LP,RP)が割り込めないが、両横歩きでかわせるがフレームの都合なのか、距離が遠いからなのか、ビートダウン(ID中RP)がなぜか両横い移動でかわせないので、結局あまり得策ではない。スローターストライクとグランドスラム(ID中WP)を読んだときは素直にガードして、ビートダウン(ID中RP)もガードできるので無難だろう。ビートダウンとテリブルペイン(ID中2RP)で2択をかけてくるのを読んだ際は、2択に付き合わず、シュツルムスマッシュ(LP,RP,LP)やプロペラキック(RK,LK)で暴れていくのがよいだろう。なおここでシットジャブを打つと、スローターストライク(LP,RP)に負け、2択に勝つもののリターンがとても小さくなる上に、自動下段捌きにも負けるが、グランドスラムに対して非常に有効な選択になる。(パワークラッシュで受け止めながら上段を空振りするため、コンボ始動技を決めるのが非常に簡単)また、フレキシブルエルボーがスローターストライク(ID中LP,RP)とグランドスラム(ID中WP)に勝つため、暴れ潰しを1点読みした場合に機能する。

アゴニー(1RP)ヒット、テンダライザー(3LP,RP)ヒット,クイックテンダライザー(立ち途中LP,RP)ヒット・・・ニーガン側+7 ★重要

左横移動でビートダウン(RP)がかわせるが、スローターストライク(ID中LP,RP)ため、結局フロントキック・テンプルスマッシュをガードした際と同じ対応でよい。頻出するので、基本の対応として覚えておこう。

フロントキック・テンプルスマッシュ(3RK,RP)ヒット・・・ニーガン側+10 ★重要

ビートダウンとLPが相打ちで、横移動も不可能のため、基本的に立つかしゃがむか以外何もできないが、そのためニーガン側もとりあえずみたいな感じで最速でビートダウン(ID中RP)とテリブルペイン(ID中2RP)で安全に2択をかけれるポイントになっており、グランドスラム(ID中WP)や、スローターストライク(ID中LP,RP)は打ってこない状況になっている。そのためレイジアーツをかなり狙いやすいポイントになっているので覚えておこう。状況にもよるが、ビートダウンで安定してくるのが多い人にはハウンドインパクト(WP、パワークラッシュ)でも打ち勝てる。

頻出するニーガン側+5、+7からのインティミデーション後の選択肢対応表

ドラグノフの対応・ニーガンの選択肢 スローター グランド ビート テリブル 自動 備考
シュツルムスマッシュ × × カウンター確認前提
プロペラキック × × × 高リターン
シットジャブ × × グランドスラムに強い
立ちガード × 下段と下段に弱い
しゃがみガード × ×
フレキシブルエルボー × × × 暴れ潰しに強い、ガードに弱い

※スローター・・・スローターストライク(ID中LP,RP)
※グランド・・・グランドスラム(ID中WP)
※ビート ・・・ ビートダウン(ID中RP)
※テリブル・・・テリブルペイン(ID中2RP)
※自動・・・自動下段捌き(ID中ニュートラルor6)

立ち回りでの注意点

置きブラッドムーン(3RP)に気を付ける

ブラッドムーンの間合い
上の画像はブラッドムーンがギリギリ届く距離、通常の右アッパーよりはるかに長い


ニーガンの右アッパーであるブラッドムーンはかなり長く、置きで使われるとかなり強い。通常のキャラの右アッパーをステップインガードする感覚で踏み込んでガードしてしまうと、ステップインし過ぎでガードが間に合わず、被弾してしまうことがある。ステップインガードするときは通常のキャラよりやや手前で止まるようにしたい。遠目でガードした場合は、ヘドハンによる確定が届かないことがあるため、できれば6RK,RKで反撃したい(最先端の場合は、持続ガードでそれも入らないので3RKになっちゃう。めったにないけど。) 相手も早出ししてくるので、もし手前でスカせたらスキャバードを狙おう。

その他気を付けるべき点

ジャヴィング(RP+LK)相打ち狙い

発生14でダメージなしだが、カウンターヒットを取ると大幅有利で構えに移行。ID中LP,RPがヒットするガード崩し技のジャヴィング(RP+LK)だが、LPやシットジャブなどと相打ちすると、相手がよろけた状態で自分が打撃を食らう関係で、こちらが本来あった構え移行モーションが解除される。そこにニーガン側が走って3RPを打つと、確定するため、非常に危険。
ジャヴィングの発生は14のため、ニーガン側が+4の状況は気を付けたい。
ニーガン側が+4の状況を比較的簡単に作れる技は以下の通り。

  • ニーガン側+4になる技
ニーガンの技 コマンド 判定 備考
ヘヴィレイン3発目 LP,RP,RP 中段 ガード時+4
レチッドハンマー 4WP 中段 ガード時+4
セイヴァースパイク 66RK 中段 ガード時+4
シンスマッシャー RP,LP 上段 ヒット時+4
サイドスワイプスマッシュ1発目 3LP 中段 ヒット時+4

上記の技のあとはLP暴れなどはコンボに持っていかれる可能性があるのを覚えておこう。ヘヴィレインやレチッドハンマーなどに対して、シットジャブ(1LP)で割り込むなどはやってしまいがちなので注意。

投稿者情報
twitter
サイトの管理をしてます。
よろしくお願いします。
コメント投稿フォーム

コメントをするにはログインする必要があります。
ログイン画面はこちら
コメント

まだコメントはありません