カテゴリ:システム
キャラクター:その他
コンボについて
投稿者:キックミーN森(id:kickmeNmori)
閲覧数:303 view
最終更新日:2020年11月10日11:45
: 0
: 0
ログイン するとお気に入りに追加できます。
空中コンボ

空中コンボとは?

空中コンボとは、相手を空中に浮かせるコンボ始動技(浮かせ技)を当てた後、空中の相手をお手玉のように攻撃しつつダメージを与えていくことです。
もっともまとまったダメージを取れるポイントであり、相手を大きく運んで壁に追い詰めることもできます。

空中コンボのやり方

各キャラの持ついろいろなコンボ始動技を当てて、空中の相手に順番に打撃を当てていくだけです。基本的にはコンボ始動技を当てた後に、最速で順番に打撃を当てていくだけですが、コンボによっては当てるタイミングを調整する必要があったりするものもあります。
キャラごとの個別のコンボについては、プラクティスモードにあるサンプルコンボなどを見たり、ネット上の情報をみたり、自分で探したりして、いろいろ試してみましょう。

空中コンボの基本システム

ここでは空中コンボの基本的な知識を説明します。

ヒット数とノックバック

空中コンボは、無限に相手に当て続けることができるわけではなく、ヒット数が増えるごとに
相手が後ろに飛んでいく距離が長くなります。ある程度以上ヒット数が増えると、相手が大きく後ろに飛んでしまい拾いきれなくなり、コンボが終了します。

ヒット数とダメージ補正

空中コンボはヒット数によってダメージ補正がかかります。
基本的なダメージ補正は以下の通りです。

ヒット数 補正
コンボ始動技(地上ヒット) 100%
空中1発目 70%
空中2発目 50%
空中3発目 40%
空中4発目以降 30%



※特定のステージで床を破壊したあとは、コンボのダメージが補正がかかった後にさらに70%のダメージになります。
例、
 空中ヒット2発目補正35% 、3発目28% 、4発目以降21%


※ 壁にヒットした後は、ダメージがコンボのダメージが補正かかった後に90%のダメージになります。これはコンボ中に壁から離れても同様になります。
 例、
  壁ヒット後、1発目63%、2発目45%、3発目36%。

スクリュー技について

各キャラの技には、空中ヒット時にスクリューやられという特殊なやられを誘発する技があります。
 このスクリューはヒット後、相手が回転して地面に落ちますが、落ちているところを再度拾いなおすことができます。
 スクリューは1回の空中コンボで1回のみ使うことができます。
 スクリューをすると拾う猶予が長くなるので、ヒット数を稼いでから、スクリューを決めて、最後に追撃を決めることで、ヒット数を増やしてダメージと運ぶ距離を増やすことができます。

その他の空中の状態が変化する技について

一部の技では、相手をきりもみ状態を発生したり、縦回転させたりして、壁に張り付きやすくなったりする技もあります。いろいろな技を空中で当てて試してみるといいでしょう。

一部キャラのレイジドライブでの追い打ちについて

ブライアンやドラグノフなどの一部キャラのレイジドライブ(叩きつけるようなモーション)のレイジドライブを空中コンボ中の相手に当てると、相手がダウンして動けなくなり、追撃ができます。(その際のダメージ補正は80%)
 また、リーなどの一部スクリューを発生するレイジドライブについては、スクリューを消費せずにスクリューを発生させることができます。(レイジドライブでスクリューさせたあとに、通常のスクリュー技を当てると、スクリューが発生します。)

壁コンボ

壁コンボについての説明です。

正面の壁コンボの基本

壁やられの状態

壁やられ中

コンボなどで運んで壁に到達した状態です。放っておくとそのまま、壁からずり落ちてダウンします。通常の壁コンボを決めることができます。

壁やられ強(通称壁強)

壁際で壁やられを発生できる技を当てて壁に張り付いた状態です。放っておくと、壁から手前に崩れ落ちるようにダウンします。この壁から手前にずり落ちる性質を利用して、壁からはがしてから何発か攻撃を入れて、壁やられ中に移行するコンボも可能です。

壁コンボのヒット数制限

相手が壁に張り付いた状態では壁コンボを決めることができますが、以下のヒット数による制限があります。

壁に相手が張り付いて、相手の足が地上についた状態で3ヒット攻撃を当てると、相手が地上に落ちるのが速くなる

壁コン


上の画像のように地面に足がついている時に技を3ヒットさせると、地面に落ちるのが急激に早くなる。

これは相手が地上に落ちるのが速くなるだけで、ものすごく繋ぎの早い技ならヒット数に関係なく何ヒットでもさせることができます。(例、スティーブのパラべりウムコンビネーション)ですが、基本的には3ヒット後は1発攻撃が技によって当たることがあるというぐらいで覚えておくといいです。なお、壁に相手が張り付いていても、足が地上についていない状態(壁に高めで当たっている時)は攻撃を当てても、このヒット数制限はカウントされないため、高めに当てた場合はダメージの高い技を当ててから通常の壁コンボに移行するのがセオリーになります。


壁高
上の画像のように高く当てた場合は壁コンボのヒット数に換算されない。

壁コンボの補正切りについて

壁コンボを決めて相手が地上に落ちる直前に、ダウンに似た状態でダメージを与えれるタイミングがあります。
この状態は基本的に補正切りと呼ばれています。

補正切れ

↑上の画像のようにダウンしそうな相手に、判定の低い技が当たる瞬間があります。

この補正切りの状態は、壁コンボのヒット数に数えられず、さらにダメージも60%の補正で換算されます。通常の壁コンボより高いダメージを与えることができて非常に有効です。
その代わり、補正切れの技を当てたあとに受け身を取られたり、ダウン選択されてから動かれた際は有利フレームが小さくなります。

側面壁コンボについて

側面壁やられ

↑の画像は側面壁やられ。画面手前にある壁に当たっています。


側面の壁コンボは通常と違い、壁からはがれやすくなっています。
通常の正面からだとコンボが入らないことが多いので、キャラごとに個別にコンボを考えておく必要があります。

通常の壁コンボと同様の補正切りのタイミングはあるので、

背面壁コンボについて

背面壁やられ
↑の画像は背面壁やられ。なぜかヒットしない技がたくさんある。


背面は壁にあてたあとに1ヒットしてしまうと、特定の技を除いて非常に当たりずらい状態になります。なので、背面で壁やられをとった際のコンボはキャラごとに個別に調べておく必要があります。
多段ヒットせず、あまり大きいダメージを見込めない場合は、叩きつけると仰向け相手頭側の状態(背面仰向け)になるので、普段確定しない追い打ちが入るようになったりもします。
上手く連続で入るコンボがない場合には、叩きつけて追い打ちを入れることも考慮してみましょう。

ステージギミックについて

ステージによっては、ステージにギミックが用意されており、ギミックを利用することで、通常では入らないコンボを決めることができます。

ギミック3種と対応ステージ

ステージギミックは3種類のギミックがあります。

フロアブレイク

フロアブレイク
↑の画像がフロアブレイクをし、下の階に降りてくるところ。


コンボ中に敵を地面にたたきつける技を当てると、床が破壊されます。
床が破壊されたあとは、ダメージ補正が大きくかかり、すでにかかっているダメージ補正にさらに70%のダメージ補正がかかります。ヒット数は、叩きつけるまでのヒット数はリセットされず、継続されます。

ウォールブレイク

ウォールブレイク

↑の画像がウォールブレイク。JUNGLE OUTPOSTの1Fの壁を割ったシーン。


ステージ毎に設定されている壊れる壁に敵が張り付く、もしくは敵が壁を背負った状態で、壁破壊が可能な技を当てると、ウォールブレイクが発生し、コンボに移行できます。コンボの考え方については基本的なコンボと同じで、技が当たった時点での空中ヒット数は継続されます。地上にいる相手に壁破壊技を当てると、コンボのヒット数は0からスタートしますが、空中コンボで張り付けてから、壁を破壊した場合は、ヒット数が継続されるため、1発技を当てただけで相手は大きく吹き飛びます。

バルコニーブレイク

バルコニーブレイク
↑の画像がバルコニーブレイク。フロアの移動が発生します。


これも破壊可能なバルコニーを背負った状態、もしくは空中コンボで破壊可能なバルコニーに貼り付けた状態で壁破壊可能な技を当てると発生します。コンボの仕組みはウォールブレイクと同じで、空中ヒット数は継続されます。フロアの移動が発生するので、元のフロアには戻ってこれません。

ステージごとのギミック一覧

ステージ ギミック 備考
MISHIMA DOJO なし
FORGOTTEN REALM フロアブレイク(1F,2F,3F) 通称、神殿ステージ
JUNGLE OUTPOST バルコニーブレイク(2F),ウォールブレイク(1F) 1,2両方同じ
ARCTIC SNOWFALL なし 無限ステージ
TWILIGHT CONFLICT バルコニーブレイク(2F) 1,2両方同じ
DRAGON'S NEST なし
SOUQ なし
DEVIL'S PIT なし
MISHIMA BUILDING なし
ABANDONED TEMPLE なし
DUOMO DI SIRIO バルコニーブレイク(2F)
ARENA なし
G CORP.HELIPAD ウォールブレイク(2か所) NIGHTも同じ
BRIMSTONE & FIRE なし
PRECIPICE OF FATE なし
VIOLET SYSTEMS なし
KINDER GYM なし
GEOMETRIC PLANE なし
INFINITE AZURE なし 無限ステージ,1,2同じ
HOWARD ESTATE ウォールブレイク(2F、3か所)、バルコニーブレイク(2F)
HAMMER HEAD なし
LAST DAY ON EARTH なし
CAVE ON ENLIGHTENMENT バルコニーブレイク(1F)、フロアブレイク(B1)

|

地上コンボについて

一部キャラでは、地上コンボがあります。
有利フレームが大きい場合に、次の技を相手の硬直中に当てることができます。
しかし、これはフレーム的に間に合えば全て地上コンボになるわけではありません。
やられている硬直にはガードできる硬直とできない硬直があります。


  • ガードできる硬直の例
    ドラグノフのシャープナー(2RP)カウンター、フェンの登脚(立ち途中RK)カウンター、など


  • ガードできない硬直の例

レオの勒掌(236LP)カウンターヒット、フェンの破顔手(背向けLP)ヒット など

多くキャラで、一番早い攻撃は発生が10フレームなので、10フレーム以上有利になる技がある場合は、何か当たる技がないか個別にチェックしてみるといいでしょう。

投稿者情報
twitter
サイトの管理をしてます。
よろしくお願いします。
コメント投稿フォーム

コメントをするにはログインする必要があります。
ログイン画面はこちら
コメント

まだコメントはありません